漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

花嫁は14歳!激動のマリー・アントワネットの人生

マリー・アントワネットというと、飢えているフランス国民に対して、「パンが無ければ、ケーキを食べればいいじゃない」と言ったとか言わないとか。世間知らずなフランス王妃のイメージですが、マリー・アントワネットは、賢女として名高いオーストリア女大公マリア・テレジアの娘。オーストリア人であり、フランス人からしたら外国の人。日本人の感覚からすると、外国人皇后がいないため、ぴんとこないかもしれませんが、国をまたいでの結婚は、ヨーロッパ王室や貴族の間では一般的に行われていました。

『マリー・アントワネット』のあらすじ

 

 女大公マリア・テレジアの娘14歳のマリーは、オーストリアとフランスの結びつきを強くするため、フランスの次世代の王ルイ・オーギュスト16歳の元へ嫁ぐことに。

映画『マリー・アントワネット』では、冒頭で彼女のフランス入りが描かれています。ネタバレになりますが、オーストリアからフランスへ国境を跨ぐ際、身に着けているオーストリアのものは全て捨てるように言われます。下着すらもです。寒い空の中、マリーは裸にされ、フランスへの国境を跨ぎます。この儀式は、オーストリア人である事をある意味捨てなければならない、第一の試練でした。

 

マリーの夫は、ルイ・オーギュスト16歳

 

マリーは14歳のときに、ルイ・オーギュスト、のちのルイ16世と結婚します。内気で錠前作りが趣味のルイとは、早い段階から上手くいかなくなった模様。結婚生活は上手くいかず、7年たっても子供に恵まれず、世間では盛んに「子の埋めないオーストリア女」と陰口を言われるように。フランス革命が起きて王妃が引きずり下ろされる時になっても、この「オーストリア女」という言葉が消えることはありませんでした。

ついには、マリーとルイには性生活が無いのではないかと疑った母親マリア・テレジアから手紙がくる始末。ルイが性的不能者であった可能性が高く、治療を受けてなんとか、4人の子供をもうけます(うち2人は夭逝) 

ヴェルサイユは、 「無駄」なマナーのオンパレード!

 フランス宮廷入りしたマリーは、様々な宮廷の儀礼やしきたりに縛られ次第に宮廷を嫌悪するように。

例えば朝の着替え。

王妃の寝室に、数人の貴族夫人がやってきて、彼女の着替えを手伝います。その時、王妃の着替えを着せられるのは、一番高貴な身分の女性と決まっていました。しかし、その着替えの最中に、より高位の女性が来れば、マリーを着替えさせられる権利はその人に映りました。

その最中、マリー・アントワネットは裸で待っていなければなりません。映画『マリー・アントワネット』で着替えの最中、裸で寒そうにしているマリーの姿が映っています。

また、食事の際に使用したグラスは食卓に置いてはならず、トレイに戻すという無駄で面倒な所作もありました。

当然、マリーは全ての所作を覚えきれるわけがありません。マリーが間違えると、ノアイユ伯爵夫人が「おほんっ」と咳払い。こういった事が毎日沢山続けば、引きこもりたくなることでしょう。ルイ15世の公妾であるデバリュー夫人に贈られたプチ・トリアノンという離宮に、マリーは引きこもってしまいました。(完成時にデバリュー夫人が死亡したため譲られた)

 

矜持とプライドを感じるフランス宮廷の挨拶

 日本人であれば、お辞儀といったら角度。しかし、ヴェルサイユの女性達のお辞儀は、しゃがみこむスタイル。

というのも、ヴェルサイユの女性達はとても高く盛ったカツラをかぶっている為、傾くとカツラが取れてしまったり、曲がってしまうため傾きのあるお辞儀ができないのです。そのため、ヴェルサイユの女性達のお辞儀は、少ししゃがみこんで、首を少し下にします。

映画『マリー・アントワネット』のノアイユ伯爵夫人や高貴な女性のお辞儀を見ていると、首は下にせずむしろ上を向いたまま。

「どれだけ、マリーに挨拶したくないんだ」と思わず感じてしまいます。オーストリア女に下げる頭はないのでしょう。ヴェルサイユの女性達のお辞儀は、フランス宮廷の矜持とプライドを感じさせませす。 

 

ヴェルサイユの華やかさに隠された小さくも深い闇

 

映画『マリー・アントワネット』に登場するデュ・バリー夫人。彼女はルイ15世の愛公式な妾「公妾(こうしょう)」です。日本の少女漫画「ベルサイユのばら」で悪女して描かれていますので、覚えている人も多いのではないでしょうか?

デュ・バリー夫人は、ルイ15世の公妾という地位を生かし、宮廷で大きな顔をしていました。

公妾というと、日本や東洋圏では「側室」のイメージを持つかもしれませんが、フランス宮廷では全くの別物です。

実は、デュ・バリー夫人はマリー・アントワネットの夫ルイの祖父の側室でした。無理やり言えば、義理の祖母とも言えるわけです。

マリーにとって、国王の愛人という権力を振りかざすデュ・バリー夫人は相当に邪魔な存在でした。また、キリスト圏の宗教上の理由からも、公妾は嫌悪される存在でした。ですが、それを堂々とやっていたのがヴェルサイユ宮殿だったわけです。

 

ヴェルサイユ宮殿で湯水のように消費されるお金

 ヴェルサイユ宮殿では税金による浪費が繰り返され、増税につぐ増税が行われ、フランス国民はあえいでいました。

一向に貴族たちの浪費は収まらず、最終的にはフランス革命へと繋がっていきます。

映画『マリー・アントワネット』では、フランス革命そのもの描写はかなり少なく、華やかな宮廷社会を中心に描かれていますので、フランス革命について知りたいなら、他の映画で補完をお勧めします。

 

 「グレースと公爵」ルイ16世を守ろうとする王党派のグレース、革命派のオルレアン公爵。信条は真反対ながら2人は恋仲の関係。何度も処刑されそうになるグレースですが、諦めません。マリーに近い人間たちの当時の世情がわかる作品です。

 

「執事の分際」ちょっと変わったところで、フランス革命がらみのBL作品。作者は、大奥 1~最新巻セット(JETS COMICS )のよしながふみさんです。

有能執事クロードと、フランス名門貴族の血筋と美貌を武器にわがままに振舞う主人アントワーヌが主役。傍若無人な貴公子受け、有能だが夜は下剋上の眼鏡執事攻め

好きな人にはたまりません!

ブルジョアで退廃的な日常と性愛が描かれおり、執事クロードと貴族の青年アントワーヌの関係はなかなかすすみません。
2人の関係が決定的になったのは、フランス革命!フランス王家の血統を継ぐアントワーヌに処刑の危機が迫り2人の関係が進展していくというお話。

 

デュ・バリー夫人の追放!しかし、とんでもない置き土産が!!

 

権力を振るっていたデュ・バリー夫人ですが、ルイ15世の崩御目前で宮廷から退出(実質的には追放)させられます。短いシーンですが、ここは必見。「真の恐怖」は去っていないことを暗示しているのです。

邪魔者だったデュ・バリー夫人がいなくなったベルサイユ宮殿ですが、デュ・バリー夫人の「置き土産」が登場します。

映画『マリー・アントワネット』では描かれていませんが、マリー・アントワネットの苦しめることになる「首飾り」が登場します。

 

首飾り事件:先王ルイ15世がデバリュー夫人のために求めた160万リーブル(金塊1t程度・当時の大型軍艦が2隻購入できる程の金額)の首飾りでしたが、ルイ15世が急死したため契約が立ち消えに。困った宝石商は、マリーに買わせようとするが、高額なことと、元はデバリュー夫人のために作られた宝石であることから躊躇。宝石商は、マリーと親しいとされる伯爵夫人を介することにする。マリーに謁見したい枢機卿にその首飾りを代理購入させる。伯爵夫人はその首飾りをマリーに渡さずロンドンで売却。代金が支払われないことで困った宝石商がマリーの側近に面会して事件が明るみになる。

 

激昂したマリーは、パリ高等法院に申し立て。伯爵夫人が有罪となる。しかし、会ったことのない伯爵夫人とマリーがレズビアン関係にあるという噂が広まり、マリーの人気が失墜していく。

 

※首飾り事件がフランス革命の引き金になったというエンターテインメント作品が多いが、フランス革命は首飾り事件とは別のところで勃発している。

 

マリーの本気の恋!フランス革命で投獄されたあとも関係が続いた男の存在

夫ルイ16世と上手くいかないマリーは、ベルサイユ宮殿で数々の浮名を流します。しかし、本気の恋もしていました。お相手は、ハンス・アクセル・フォン・フェルセン伯爵。

フェルセン伯爵は、マリーを助け出そうと、策を練りますが、かないませんでした。

ベルサイユのばらでは、「フェルゼン伯爵」の名でも登場しています。

その他マリー・アントワネット作品

聖職者ローマ法王の不義の子として生まれ、イタリア半島を統治しようとしたイケメン支配者チェーザレ・ボルジアを描いた『チェーザレ 破壊の創造者』で漫画域を超え、1枚1枚が絵のようだった惣領冬実さん。マリーアントワネットについても描かれています。

ベルサイユの裏方視点のお話。マリーを敬愛している朗読係が、フランス革命時にマリーの身代わりにされ、葛藤するお話です。

フランス革命時代の知識があると、華やかなフランス宮廷の見方がだいぶ変わってくるので、多少の史実を勉強しておくとより楽しめることでしょう。

ページ上部へ