漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

身分違いの恋の果てに『ポンペイ』に死す 

強大なローマ帝国の力は多くの異民族を迫害していましたケルト人もその一例でのちの元老院議員となるコルヴス率いるローマ帝国軍に虐殺されようとしていましたその中でケルト人の少年マイロは命からがら逃げ延びます


目次

『ポンペイ』あらすじ

途中で帝国軍に見つかってしまい奴隷されてしまいました人としての扱いを受けられず汚く貧しい生活を敷いられますがそれでもマイロはたくましく成長していき剣闘士グラディエーターとして名を馳せるほど屈強な男性となりました

でも奴隷は奴隷そんな彼でも剣闘会に参加する際の移動では手錠をつけられ罪人の如く連れて行かれますとあるその列の横をポンペイの有力者セヴェルスの娘カッシアを乗せた馬車が横切りました

ところが馬車がぬかるみにはまった事で馬が倒れ怪我をしてしまいますマイロはそんな馬を助けようとして運命の女性カッシアと対面したのです

大災害をバックに燃えるような2人の恋 

古代都市ポンペイで実際に起きた大災害を表現しつつ奴隷マイロと富豪の娘カッシアのラブストーリーが展開されます身分違いの恋ながらも互いを思いやる姿がけなげでしたたくましく男らしいマイロは荒々しくも細かな気遣いを見せています

その身なりは汚くても奴隷マイロは白馬に乗った王子十分見えたものですカッシアもまた自分を犠牲にしてでも彼を守ろうとする姿が多く2人の愛は本物でしたそして彼らに襲いかかるポンペイの大災害もまたよりこの恋を引き立ててくれました危機的状況に陥るほど恋は燃え盛ったのです

愛を邪魔する悪役コルブス議員

カッシアがそもそも馬車でポンペイに帰ってきたのはローマでコルブスに強く言い寄られた為でした彼のさはカッシアも気づいており彼女が夢見る理想の男性像とはかけ離れた人物だったのです

そんな彼がローマ帝国の権力を片手にポンペイにまで来たのは彼女を娶る為でもありましたカッシアの父セヴェルスは娘可愛さに多少のことは多めに見てしまうようなわかりやすい娘大好きな父親でした

そのどいコルブス議員へ娘を渡す事は断じて認めたくありませんでしたこれにはカッシアの母アウレリアも同意見でしたただポンペイを治める者としてコルブス議員をおだてなくてはいけません

その弾みでちょっとした失言をしたことで彼はそれをコルブス議員に脅迫されます結果無理やりコルブスにカッシアを奪われそうになってしまうのですマイロの視点だけではなく娘を持つ父母の視点で見ても彼の悪行は際立っていたのがよくわかります

現実味がなさそうで、あり得る大災害 

映画『ポンペイ』ではダイナミックな自然災害描かれています火山の大噴火や大地震そして大津波がポンペイを飲み込んでいきます予兆はしばしばストーリーの中で現れついに大災害が発生すると次々に人々を恐怖が襲いました

グラディエーター達が戦っていた大きなコロッセオは崩壊し人々は落石に潰されたり足場が崩れ落ちていきますカセヴェルスとアウレリアそしてコルヴス議員もそれに巻き込まれました

災害の前に貧富の差も地位の高低等は全く関係ありませんでしたそして映画だからこその表現も多々ありますが決して現代人にとっても災害は他人事ではありません現在世界中に頻発する災害を考えると古代であろうと現代であろうと時代も関係ないことがよくわかることでしょう

魅力的な俳優陣と製作者達

映画バイオハザードシリーズの監督ポール・W・S・アンダーソンの製作という事もあって多くの有名俳優陣達が集まりどこかで見たことある顔が沢山いる作品となりました

主役マイロはキット・ハリントン。『サイレントヒル:リベレーション3D』や『ゲームオブスローンズ等で有名な人物です

カッシア役のエミリー・ブラウニングゴーストシップ等で有名ですそしてカッシアの父セヴェルスは同監督作品のバイオハザードIIアポカリプス』でアッシュフォード博士を演じていました彼の違った顔を見ることができました

カッシアの母アウレリア役にはキャリー=アンモス彼女をマトリックス』で知った人も多いのではないでしょうか。『マトリックスではネオを助けるトリニティー役としてバリバリに戦っていましたが本作では貞淑なまた貴婦人として登場していましたちなみに彼女もサイレントヒル:リベレーション3D』に出演しています

そして最後にコルブス役キーファーサザーランド言わずと知れた名俳優で24-TWENTYFOUR-』の主人公ジャック・バウアーならすぐに思い浮かぶことでしょう本作でも彼が大統領!」「ちくしょー」と叫ぶのではないかと錯覚しそうなほどイカツイ顔を見せてくれます。   

 コルブスとの戦いに勝利するも…

大災害が起きたポンペイでは人々が我先に避難し恐怖から逃げようとしますしかしその大半が命を失っていきますコルブスも部下と共に逃げる最中避難する人々が邪魔になってその多くを斬り殺していくほど切羽詰まっていきます

ですがカッシアを妻にしたい彼は時に多くの選択を誤ります自分一人で逃げれば良いものを無理やりカッシアを連れ行ったマイロの猛追撃を受け大災害の最中彼と戦う羽目になりました

最後は彼に破れ大災害の地に取り残されて絶命してしまいましたとはいえマイロとカッシアもその大災害が逃げ切ることはできないと観念します馬も力尽き2人一緒に逃げることは叶わなかったのです

そんな時でも彼らは互いの命を気遣い合います結局どちらも自分だけが助かることなど考えられず最後は大噴火に巻き込まれ抱き合って死んでいったのです 

 




ページ上部へ