漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

ためになる戦国4コマ漫画「信長の忍び」は、つい手に取ってしまう

「信長の忍び」の作者は重野なおき。主に戦国時代を題材とした4コマ漫画が最近の作品に多いです。

信長の忍びあらすじ

「信長の忍び」は戦国時代の織田信長の功績を中心に物語が進んでいきます。信長に仕える女の子の千鳥という忍び(忍者)を主人公とした作品です。

史実に基づいた出来事、人物を面白くてためになるエピソードの紹介を交えて4コマ漫画として作品を構成しています。

4コマ漫画という特性上、好きな場面を好きな時間だけ読めて、歴史の学習になりますので、歴史が苦手な人にもおすすめの作品です。読みやすく工夫できている辺りに作者の重野氏の歴史研究の成果と言えるでしょう。

「信長の忍び」の物語は、 桶狭間の戦いから

 

信長が尾張を統一し、今川義元との桶狭間の戦い(1560)年ごろから始まります。どうやって寡兵の信長が圧倒的多数の義元を倒したのか?千鳥の活躍を盛り込みながら紹介されています。

もちろん4コマ漫画なのでボケ、ツッコミも準備してあり面白可笑しく読めます。現在は12巻まで発売されており、稲葉山攻略、六角、浅井、朝倉氏掃討、金ケ崎の退き口、比叡山焼き討ち、室町幕府滅亡と続き現在は本願寺、武田氏との激闘が連載誌のヤングアニマルにて公開されています。

もちろん、千鳥の活躍もちりばめられ、作品をバランス良く構成させています。

戦国物なのに可愛い登場人物達

 

信長派には甘党でツッコミ役の信長はじめ、天然キャラな帰蝶、使い走り兼ボケ役の秀吉、ドジなツッコミ役の光秀などが。

敵役では筋肉質な浅井長政や引きこもりの浅倉義景、裏切り者の松永久秀、温泉好きの武田信玄などが物語を盛り上げます。

浅井長政を滅ぼす小谷攻略戦が見どころ

 

長政は信長の妹である「お市の方」を娶るのですが、信長と仲違いしてしまいます。

お市は対立する兄と夫の間で苦悩します。

次第に劣勢に立たされる夫に最後まで付き添おうとするお市に戦国時代の無常さや女性の悲しさを感じ取ることができます。

4コマ漫画とはいえ、戦国期の女性の心理を分かりやすく描写されています。

 

「信長の忍び」はスピンオフ作品もあり

信長の若き日を描いた「尾張統一記」、大河ドラマの主人公にもなった「黒田官兵衛」「真田幸村」などのスピンオフ作品もあります。もちろん本編の登場人物も出て来て活躍を見せてくれますよ。

ページ上部へ