漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

昨今のサメ映画事情を知れる映画

サメは、「JAWS」や「ディープブルー」ように、海から襲い掛かっている怪物であった。つまり、海さえ離れてしまえば、人間は安全だったのだ。しかし、現在のサメは、海以外からも現れる。

 

砂浜

 

海中だけでなく、砂浜でも泳げるサメが「ビーチシャーク」では出現する。

雪山

 

「アイスジョーズ」という作品の出てくるサメは、雪の中を移動する。

コップの中?!

 

「ゴーストシャーク」は、サメの霊魂が主役である。水のある場所ならどこでも出られるので、人間を恐怖に陥れる。

きっかけを作ったのは、アンソニー・C・フィランテ

 

海以外でもサメが活躍するきっかけを作ったのが、アンソニー・C・フィランテ。

名前だけ聞いてもピンとこないかもしれない。しかし、「シャークネード」シリーズなら聞いたことがあるという人も多いのではないだろうか?

「シャークネード」は、アメリカで大流行したサメ映画だ。巨大な竜巻によって、海中から巻き上げられたサメが地上に落ちてくるという奇想天外な話である。日本人なら、えっ?と思って話についていけないかもしれないが、アメリカではシャークネードのコスプレする人まで出てきている。

 

「シャークネード」の製作会社は「アサイラム」だ。どんな作品を撮っているかというと、「エイリアンVSエイリアン」や「トランスモ―ファー」。聞いただけで、人気映画に乗っかった駄目な映画というのがわかるだろう。

 

倒産寸前とまでいわれたアライサムだが、シャークネードがすべてを変えた。毎年シリーズが公開され、人気もうなぎ上り。シャークネードシリーズのおかげでアサイラムは巨額の富を築いた。

 

シャークネード以前と以降のアサイラム作品を比べると、全くの無名俳優ばかりだったのが、有名俳優に変わり、作品レベルも進化した。

カメラワークしかり美術しかりVFXしかり。いいスタッフを雇えるだけの予算ができちゃのだ。アンソニー・C・フィランテなしでは、アサイラムの成長も、また、海中以外で活躍するサメ映画の幕開けもなかったのだろう。

ページ上部へ