漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

ポップそうだけど実はディープな結婚観?!ハレ婚

男に騙され、傷心して故郷に帰ってきた主人公の小春は、妻が二人いる若い夫婦に出会います。

不審に思いながらも、病気の父の見舞いに病院へ行くと、今度は見覚えのない男に名前を呼ばれいきなり抱きしめられます。

この男性との再会こそが、小春の「ハレ婚」のはじまりなのでした。

ハレ婚あらすじ

小春の故郷では、ハーレム婚、通称ハレ婚という条例が施行されていました。

このハレ婚、一夫多妻制度のことで、この町では一家族4人まで妻を持つことができることになっていたのです。

病院で出会ったのは、龍之介という名前の25歳の男性で、すでに嫁が2人いました。

ハレ婚の龍之介は顔も心も結構なイケメン

龍之介は小春の実家が多額の借金の返済に困っていることを知ります。

するとコーヒー代30年分の前払いだと言って小春に1000万のお金を渡します。そして小春に3番目の嫁にならないかとプロポーズするのです。

小春は当然一旦断るのですが、やはり実家を助けたい、お金が必要だと思います。そんな中、実際には3000万の借金があることがわかり、真っ青になる小春。

そんな小春をみて龍之介は自宅を手放すことを即決し、お金を用意してくれることになります。

ハレ婚ストーリー急展開の他の妻たちとの同棲生活

小春の為に自宅を売却してしまった為、龍之介と嫁二人は市から支給されるボロ家に引っ越ししなければならなくなります。

嫁2人から責任を取れと詰め寄られ、小春はハレ婚を理解しきれないながらも、3人目の嫁としてやっていくことを決意するのです。

こうして小春のハレ婚は始まりますが、龍之介が何を考えているのか、真意はよくわかりません。

龍之介は幼いころに出会ってから、ずっと小春のことが好きだったといいます。しかし、あいかわらず可愛いだけが取り柄で、無自覚で、なにもないとひどい発言も。

そんなバカにしているような発言をしながらも龍之介は、とことん頼ればいい、小春を救えるのは自分だけだからといって小春を助けます。

ハレ婚作者NONの他作品

 

 

謎な龍之介の過去

龍之介には謎がたくさんあります。

まず今は無職。しかし、以前はなにか仕事をしていた様子。

さらに巨乳の1番目の嫁に、クールビューティーな2番目の嫁の存在。彼女たちとの出会いやこのハレ婚に至るまでの経緯にもワケがありそうな予感。

色々な伏線が張られているようんで、彼らの真意と過去が明らかになるのが楽しみです。

ページ上部へ