漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

ビジネス系の立身出世物語?!「異世界コンサル株式会社」

「異世界コンサル株式会社」の物語はある男が冒険者を引退するところから始まります。

その男、ケンジは実は5年前に日本からこの世界にやってきた転移者。突然剣と魔法のファンタジー世界に放り出されたケンジは金もコネもないことから冒険者として生きてきました。

「異世界コンサル株式会社」の世界観

「異世界コンサル株式会社」は、Webサイト「小説家になろう」に連載されている作品の書籍化になります。

同サイトで連載されている多くの作品と同じようにある日突然異世界にやってきてしまった主人公のお話ですが、読んでいてまず気が付くのが舞台となる「異世界コンサル株式会社」の世界の過酷さです。

フィクションの要素として魔法というものがこの世界にもありますが、それが発揮されるのは冒険者の使う攻撃や補助の魔法や教会の司祭の使う治癒魔法といったごく限られた場所で、町で暮らす普通の人々にはかかわってきません。

ゲーム的なファンタジー世界というよりも、15~16世紀の中世ヨーロッパにモンスターが発生するようになったような世界。

100年戦争や薔薇戦争がない代わりにモンスターと人間の生存闘争があるようなイメージです。

そんな世界なので冒険者になるのは農民の次男、三男坊といった人間で新人の死亡率も大変高い。

そんな世界で5年間生き抜き、膝を悪くしたものの生きているケンジはかなり幸運な部類の人間と言えます。

冒険者引退から始まる物語とは?

20代半ばから30代手前まで頑張ったものの、膝を悪くして冒険ができなくなったケンジ。それでも食べていかなければなりません。

日本にいたころのコンサルタント業を参考に冒険者向けのよろず相談を始めます。

駆け出し冒険者の買い物に付き合って値引き交渉したり経費の精算を行ったり、パーティーを円満に解散する手伝いをしたりすることで、冒険者時代以上の暮らしていくには十分な収入を得ることができるようになります。

異世界でよりよい生活を求め始めるケンジ

生活に余裕ができたころからケンジの目的が『生活費を稼ぐ』ことから『冒険者の暮らしを少しでも良いものにする』に変わりました。

冒険者のためにできることとしてケンジが始めたのは靴の製造販売

この世界の多くの冒険者の冒険中の履物はサンダルで、駆け出しの実に4割が依頼途中の移動で足を滑らせて負傷しているというのです。

冒険者時代のケンジは日本製の靴を参考に1月暮らしていけるだけのお金をかけて専用靴を作り愛用していました。

ケンジはこれを何とか駆け出し冒険者全員が履けるようにしたいと考えるのです。このあたり普通のファンタジー作品というよりもビジネス系の立身出世ものに近いノリを感じます。

ビジネス書の練習として書かれた「異世界コンサル株式会社」

作者曰く、将来ビジネス書を出すときの練習として本作品を書いたとのこと。

異世界を舞台としながら企業の立ち上げから業界への新規参入、製品の量産化、会社の設立、現場作業者との話し合いや公営組織との折衝などビジネス書として必要な内容が分かりやすく書かれているだけでなく内容も面白い!

「異世界コンサル株式会社」は、これから就職活動しようという学生にわかりやすく働くということが理解させることができる作品です。

ページ上部へ