漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

アメリカVS北朝鮮が現実に?「エンド・オブ・ホワイトハウス」

ベンジャミン・アッシャー大統領とその夫人マーガレットそしてその息子コナーは楽しいクリスマスを山荘で過ごしていました

そんな彼らを守るのはマイクバニング特別捜査官らシークレットサービスです

エンド・オブ・ホワイトハウスあらすじ

大統領一家に、マイクバニング特別捜査官とても信頼されていましたしかし専用車に彼らを乗せその車列が吹雪が原因で次々に事故を起こしてしまいます

その為に大統領専用車は橋の上から飛び出すように柵の壁に激突気絶する夫人を必死に助けようとするアッシャー大統領ですが車は今にも橋から落ちそうに

マイクは直ぐ様大統領を車から下ろすも同時に夫人と車は崖下に落ちてしまうのでした

それ以来マイクはシークレットサービスから離れて財務省勤務にというのも以前同様に彼は大統領やコナー周囲の人間に信頼されてはいるものの彼を見ると夫人を思い出してしまう大統領の心の傷を気遣ったから

その後平和なデスクワークの勤務先から彼が見た光景は何と一機の攻撃機AC-130その攻撃機からはけたたましく弾丸の雨が降り注いでアメリカを恐怖のどん底に陥れました  

日本も他人事とは思えないリアルな映画 

タイトルにある通りホワイトハウスが攻撃機を始めとした本物の軍同然の武装集団に攻撃を受けます
しかも、相手は北朝鮮
今の日本の時勢を考えるととてもネタとして笑えないストーリーです
北朝鮮テロリスト言っても実態は軍人に近くとても統制のとれた部隊で容赦なくホワイトハウスを護衛する人物を抹殺していきます
始めの攻撃機AC-130のシーンはもはや戦争の体で奇襲攻撃と言っても過言ではありませんそれに生身の人間が拳銃で応戦するなど無意味です
主人公マイクはそれをかわしつつホワイトハウスに着きますが周囲には北朝鮮スパイが多数潜り込んでおりホワイトハウスの庭は戦地となりました
ちなみにこのアッシャー大統領は韓国のイ首相と北朝鮮対応の為の会談をしていました
もし現実に北朝鮮とアメリカが戦争になったらこうなるのではないかとも思える作品です 

スパイがいたらもはやどうにもならない 

北朝鮮の攻撃機AC-130は何とかアメリカの戦闘機F-22が撃墜できましたがすでにホワイトハウスは修羅場に
一旦は安全と思われたアッシャー大統領や閣僚らでしたが実はイ首相の護衛をするカン・ユンサクはこのテロの指導者で一気にホワイトハウスの司令室を占拠し大統領ら人質にとりました
ホワイトハウス陥落までわずか13分15分後にはアメリカ軍が到着しましたが時既に遅し
大統領ら人質にホワイトハウスに立てこもったのです加えて韓国側だけでなくアメリカのシークレットサービスのデイヴ・フォーブスも内通者であった大統領を守ってくれるのは閣僚だけとなりました
いっても彼らも拘束された身でもう何もできませんそんな状況にマイクは1人ホワイトハウスへ潜入していくのでした 

大統領夫人を見殺しにした男だけが頼り

 マイク1人しかホワイトハウスの内部の状況を知るものはいない上にテロ集団KUFの指導者カンは無理難題をアメリカに突きつけてきます

彼らの目標は朝鮮半島の統一であり韓国に味方するアメリカ軍7艦隊存在は脅威ですそのその軍を撤収させようとしていました

とはいえそれをすれば北朝鮮軍が一気になだれこみ韓国は戦場となりますそれを避ける何とか大統領らの救出をしようとしますが頼りはマイクだけですある政府高官は夫人を見殺しにしたとも彼を揶揄しますがそれは大きな誤解でした

リン・ジェイコブス長官は必死にそれを打ち消し臨時指導者のアラン・トランブル下院議長もそれを認めました 

容赦なく残忍な指導者カン

 カンは実は北朝鮮の生まれで数々のテロを起こした犯罪者でもありましたしかし彼は祖国の貧しさを知っていました

その裕福なアメリカ人韓国人への憎悪を膨らませていましたそして彼の目的は大統領の持つ核のスイッチではなくアメリカ中の核を起動そして爆発自爆させる事ができるケルベロスコードの入手でした

これはアッシャー大統領やチャーリー・ロドリゲス副大統領ルースマクミラン国防長官3人しか知らないコードです

カンはアメリカ国内でそれら全てを爆発させてアメリカを北朝鮮のような荒廃な土地にしようとしたのです

ホワイトハウス関連映画ではホワイトハウスダウン等がありますがそちらでは敵国に発射するのが目的でした

しかしそんな手間のかかる事をする必要がないという意味ではかなりハードルが下がったのでした

目標を定める必要がなく撃ち落とされる心配もないただそこで自爆させればよのですから

エンド・オブ・ホワイトハウスの監督は、アントワーン・フークア

ヴァ―ジニア大学卒業後、コマーシャル製作をするようになり、のち、プリンスやアッシャーなどのミュージックビデオを手掛けることに。

監督デビューは1998年。チョウ・ユンファ主演「リプレイスメント・キラー」。

2001年。デンゼル・ワシントン主演「トレーニングデイ」。この作品で、デンゼル・ワシントンはアカデミー賞を受賞。

屈強なマイクがカンと激突

ホワイトハウス内に隠れていた大統領の息子コナーをいち早く助けたマイク息子を人質に捕らわれたら大統領とてケルベロスコードを喋るかもしれないからです

それを表すかのようにロドリゲス副大統領やマクミラン国防長官が深くナイフを突きつけられて脅された時は大統領は彼らにコードを言うように指示していました

決して人として間違った行為はしていない大統領でしたがその危険性をマイクは理解していました

ちなみにイ首相や高官らが見せしめで処刑されるマクミラン国防長官は女性ながらテロリスト達に虐待を受けても何とか生き延びました

彼女もまた処刑されそうになった時がありますがマイクのおかげで命拾いしたのでした

また初めこそ戦争のような銃撃戦を披露した本作でしたが最後はマイクとカンの一騎打ちとなり拳銃もなくなると最後は肉弾戦主体な戦いとなりました

ケルベロスコードが揃いそれが起動して秒読みとなるとマイクも全身全霊でカンを叩きのめします

それにも倒れないカンの強さは敵ながらその信念と業の深さに恐怖しました

そんなカンを倒したマイクの強さは本物こうして戦場となったホワイトハウスはマイクによって守られ負傷した大統領を抱えて正面から堂々と出て行くのでした 

 

ページ上部へ