漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

もしかしたらこんな現実も!?パニック映画「ホワイトハウス・ダウン」

元軍人のジョン・ケイルは大統領を守るシークレットサービスの採用試験を受けるホワイトハウスに

しかし運悪く採用担当者がキャロル・フィナティ特別警護官という女性で彼女は彼の過去の経歴を事細かに知っていた同窓生

 

ホワイトハウス・ダウンあらすじ

たとえイーライ・ラフェルソン下院議長の議会警察官という職務についているとはいえ彼の過去の転職歴の多さや素行の悪さは無視できるものではないジョン・ケイル

そんな試験の結果はさておきジョンは採用試験にあわせて娘エミリーをホワイトハウスツアーに連れてきました

彼女は大統領ジェームズ・ソイヤーの大ファンでホワイトハウスについても相当なマニア

そんな正義感の強い大統領を警護隊長マーティン・ウォーカー率いるシークレットサービスが守っているのでした

しかし突如として国会議事堂が爆破テロ事件巻き込まれホワイトハウスでも非常事態に陥るのですが

ホワイトハウス・ダウンの監督は、ローランド・エメリッヒ

インデペンデンス・デイで、アカデミー賞視覚効果賞を受賞。同時に、第17回ゴールデンラズベリー賞最低脚本賞ノミネート(受賞はせず)

ホワイトハウスを扱ったその他の作品

本来なら難攻不落の「大統領宮殿」

ホワイトハウスはアメリカ合衆国の大統領が住まう場所でもありここほど難攻不落な場所はありません

しかし国会議事堂の爆破という陽動作戦で周囲の目はそちらに向いてしまいますそれでも大勢のシークレットサービスや警備が守っていて本来ならここを落とす事など不可能です

しかし非常事態に際して大統領を最も安全な場所に移動させるはずのシークレットサービスそしてその責任者であるマーティン・ウォーカーの反逆によって一瞬にしてその宮殿は陥落したのです

まず最初に視聴者はここで驚かされますベテランで老年のマーティンは物語冒頭退職を控え部下一同からお祝いの大きなケーキを貰うような人望のある人物

誰もがこんな人に守ってもらえるなら大統領も安全感じた人物の裏切りで周囲は驚愕

ホワイトハウスに攻め込む武装集団 

ホワイトハウスは様々な組織の人物が警護していましたしかし軍に匹敵するような兵器を備えた武装集団が外より侵入し為す術もなくホワイトハウスは陥落しました

同時に内部では大統領が警護隊長責任者マーティンによって人質になろうとしていましたしかしテロ発生時ジョンが娘とホワイトハウスツアーに参加していたホワイトハウス内に

その始めは人質の1人でしかなかった彼ははぐれた娘を探す途中銃口を向けられた大統領を助け出すこととなりました

元軍人で現役議会警察官というそして何よりシークレットサービスになろうと思っていた彼の腕は相当なもの

大統領を単身守りつつ大統領を捕まえようとするテロ集団からの多数の銃撃戦を交えながら逃走劇を続けました

現実に通ずるアメリカにおける危機管理 

ワイトハウスが陥落しホワイトハウス内にいたソイヤー大統領が武装集団の人質になった事を知るや政府は彼の救出と同時に大統領の権限の移譲

それは、国を守る以上それは仕方のない

アルヴィン・ハモンド副大統領や閣僚らはエアフォースワンに乗り直ぐ様空へと避難しつつ地上の対策本部軍基地ウォーカーによって非番にされたシークレットサービスのフィナティ特別警護官やラフェルソン下院議長らと連携を取りました

同時に大統領が職務を全うできない以上法の副大統領にその権限が移りましたしかし空の上の副大統領と地上の現場対策本部との溝は大きなものでした

フィナティもシークレットサービスの責任者が反逆した事から軍のコールフィールド大将と対立しました彼女とて信用できないと大将はつっかかってきました

マーティン・ウォーカー率いる武装集団の目的とは? 

 

武装集団は傭兵集団でもあり中にはアメリカ軍に所属していた人物もいました決して外人や宗教的な目的を持ったテロ集団ではありませんでした

その中には天才的ハッカーであるタイラーというある意味では些細な理由で犯罪に染めた人物もいるほど経歴はバラバラな人物ばかり

しかしそんな集団でも見事ホワイトハウスを乗っ取りに成功したわけですですがそんな彼らを一本釣りをしたのはウォーカーでシークレットサービスの職務を利用して彼らを集めたのでした

そして傭兵である以上彼らに報酬を支払う必要はあり彼はその金を身代金で調達しようとしたのです

さらにタイラーの力を利用し軍のシステムをも手中に納め副大統領から大統領に就任したばかりのハモンドら乗るエアフォースワンを迎撃し1日に二度大統領が変わる離れ業まで実行

そして弱気なラフェルソン下院議員に白羽の矢が立ち彼が大統領に就任する事態となりましたしかしウォーカーは決して金だけの為にこんな事を起こしたのではありませんでした

ウォーカーにはイラク戦争で戦死した息子がいますつまりそのイラク戦争の戦死する原因を作ったソイヤー大統領への復讐にも見えなくはないですが真の目的は息子の復讐また息子の死を無駄にしない事であり大統領の持つ核ミサイル発射スイッチを使ってイラクへの徹底的な核攻撃による復讐

その大統領は何としても生かしておく必要があり結果彼は生き残ることができました

しかしエミリーが人質になった事で娘を助けようとジョンが必死の反撃をしたウォーカーは核のスイッチを押す前に彼に殺される事となりました

 一連のテロの黒幕の正体 

フィナティはウォーカーの事を調べるうちに彼がどうやって傭兵と連絡を取ったのかを疑問に思い生き残ったジョンに協力を求めました

ウォーカーは未だにポケベルを使い携帯も持たないような人物だったからです

そこで一芝居打つことに

奪還されたホワイトハウスに新大統領ラフェルソンやフィナティコールフィールド大将らがソイヤー大統領無事を確認しに来ました

ところがジョンが彼は亡くなったと言うやラフェルソンは今後についての対策を講じようとします

しかしジョンはそれに待ったをかけますョンがウォーカーのポケベルを使い通信履歴を辿り返信をするとラフェルソンのポケベルが鳴り響きます

今や新大統領の彼は自分の身辺を守っていたジョンが自分を疑うことに激高し大統領としての権限を振るおうとしました

しかしそこに颯爽とソイヤーが現れますつまり真の黒幕はラフェルソンであり彼もまた自分を大統領にしてもらう条件でウォーカーに協力していたのでした当然ラフェルソンは反逆罪で逮捕

あれほどフィナティと対立したコールフィールド大将もその時はすんなりとソイヤー大統領の命でラフェルソンを連行して行きました

最後の最後まで驚きが満載の映画「ホワイトハウス・ダウン」でした 

ページ上部へ