漫画よみメモ!

主に漫画についてまとめています。

とんでも設定。でも緊迫感と演技力満載「スノーピアサー」

地球温暖化を阻止しようと人類は自分達の持つ科学力を用いましたそしてそれを実行できる化学薬品を散布しかし人類の想定に反してそれはとても強烈な力を持っていました

スノーピアサーあらすじ

温暖化に対して行った冷やすという行為によって地球全体が氷河期の如く凍ってしまったのです

地球上が極寒の地となってしまった以上人類は極寒の地球から身を守るスノーピアサー乗りました

スノーピアサー世界一周ができるほどの巨大で壮大な線路網が整えられた列車で人類はその中にいれば生き残る事ができました

しかしこの列車に乗る人間は前の車両は富裕層後ろの車両は貧困層と貧富の差が明確に車両ごとに区切られた世界構築

裕福な人間に支配された貧しい人達。彼らの怒りは爆発寸前! 

スノーピアサー監督ポン・ジュノの他作品

知的障害の息子に殺人容疑がかけられ、無実を晴らそうとする母の物語。知的障害者の息子をウォンビンが演じた。第62回カンヌ国際映画祭ある視点で上映。

10人が殺された華城連続殺人事件を元にした「殺人の追憶」。主演は「親切なクムジャサン」などに出演しているソン・ガンホ。

両生類のような怪物が人間を食べるというパニック映画。

設定が突飛だが、人間の根本を描いている「スノーピアサー」

人類が地球を極寒の地へと変えられるほどの科学力を持っているかは甚だ疑問そのあたりはSFなので置いておくこととしましょう

対して、「スノーピアサー」のストーリーはかなり重くどういった状況になっても人類の姿が変わらない事をよく物語っていました

人類がどのような共同体や体制といったものを構成しようとその核心たる内実は全く変わりません

「スノーピアサー」ではもはや列車そのものが世界なりましたしかしその中で生き抜く為には秩序管理必要です

ですがその方法というのはこの世界でも同じ

まり強い者が弱い者を支配し裕福な者が貧しい者を虐げますその根本は、どのような状態でも変わらないことが「スノーピアサー」でよく伝わりました

えげつない攻撃をする富裕層に諦めない主人公カーティス

主人公カーティスは貧困層が押し込められた最後尾の車両に乗っています

印象的なのは、黒くまずいプロテインブロックという唯一の食料の支給。これにはとても壁壁していました

また様々な富裕層からの弾圧もありかつて管理者側に身をおいていた老人ギリアムの助言に従って列車内の重要な水資源とエンジンの掌握を目指し皆を鼓動して革命を起こしました

しかし革命の道は遠い

列車の秩序管理をするサイコパスなメイソン首相の兵士に仲間達は次々に殺されました

カーティスは革命を起こす前にすでに管理者達が銃の弾を使い果たしていることに気づいていました

とはいえ首相の兵士は時に列車の特性を活かした攻撃を加えてきます列車がトンネルに入れば車内は真っ暗になります

そうしたらカーティス達反乱兵は何も見えませんですが敵は堂々と暗視スコープを使って殺しにかかってきました

しかも銃が使えないので斧といった物理攻撃をしてくるので殺され方も凄惨で大変苦しい戦いとなりましたそれでも始めてしまった以上カーティスは戦いを続けざるを得ませんでした

「歪んでいる」スノーピアサーの現実

メイソン首相を人質にすることに成功したカーティス達しばらくは彼女を道案内人として連れ回します時に上品な寿司料理を振る舞う車両や植物を栽培したりする車両食料になり得る動物の飼育場等様々な物を目にします

ちなみにもっと先にはエステサロンやプール等の娯楽施設もあり最後尾の車両とは雲泥の差が見られますそれらを見たカーティスらの思いは一層強くなり列車のエンジンの掌握を目指します

その途中子供たちの教育をする学校の車両へと入り込みますそこでは列車の開発者ウィルフォード博士を称える洗脳がされており貧しい人間の事など考えもしない教育が行われていました

しかし突如として妊婦の女教師がライフルを手にカーティスら一行に放ちましたこれにはサイコパスなメイソンですらビックリですし妊婦教師がライフルをぶっ放す等誰が思ったでしょう

カーティスの計画は上の人達筒抜けだったのです

スノーピアサーのようなパニック映画好きはこちらもおすすめ



「永遠」などありはしない、幻想を頂く「上の人達」 

自給自足ができ永久に走る事ができるされる列車スノーピアサーですが現実は甘くはありません部品も壊れますしエネルギーは当然なくなります

貧富の差が列車内に構築されその秩序を維持しようとすれば様々な物が消耗されていきます最後尾の車掌の主人公カーティス達が決起する一因となった上の人達使う銃の球がなくなっている事もそれに該当します

ちなみに結果的に「スノーピアサー」の物語の後半それは仕組まれた事である事がわかりましたが現実的に限界も来ていました

さらにこの中にいれば安心盲目的に信じる上の人達行動は相当に醜悪な物でしたもっともらしく自分達の行いを正当化しようとする上の人達所詮快適な空間にいるので劣悪な後方車両にいたカーティス達の事などわかりません

どうあろうとも双方は相容れない存在だったのです

ページ上部へ